雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

知って納得☆豆知識★お雛様の飾り方♪

 こんにちは!
秀光人形工房のウチノです

これからが寒さ本番、お日様のお出ましが有り難い季節です
さて一月も半分以上を過ごすと、あと一カ月少しでもうお雛祭りですね
今回はその【お雛さまの飾り方】の特集です
地域によっては風習の違いで飾り方も変わってくるようですね
ご家庭の物と色々比べてみると面白いかもしれませんよ


同じように見えてけっこう違いが有る雛人形の飾り方

28666 - コピー.jpg

大きく分けて[関東]と[関西]では飾り方や飾る時期に微妙な違いがあります

今回は、地域差によるお雛様の飾り方の違いについてご説明しますね

 ●関東地方

2月4日」頃からひな人形を飾る方が多いようです
関西と比べると早めにお人形を出して、
3月3日」までの間ゆっくりと楽しむのが関東風です
ただし、初節句の場合は早ければ早いほど良いとされています

 ●関西地方

2月中旬」頃からお人形を飾りだして、
4月3日頃」まで楽しむことが多いとされています
旧暦で飾る地方もまだ多いのですが、
初節句は新暦でお祝いする地方が増えてきているようです


飾り付けし始める日が佳い日であると縁起が良いことから、
大安または友引の晴れた日」にお人形を出すと良いですね

どちらも飾る期間は同じようですが、
新暦中心の関東のお雛さまはまだ冷える桜の咲く前に、
旧暦の関西のお雛さまは桜が散りゆく中で、
また来年ね(^.^)/~~~」とお休みになるんですね


さくら.jpg


◆次に【お人形の置き場所】の違いについてです

関西が[女-男] ●関東が[男-女]

江戸時代までの雛人形は宮廷儀礼に沿って、全国的に左側(向かって右側)
が男雛、右側(向かって左側)が女雛を飾ることになっていました

アジアは本来左側(向かって右側)優位の文化です
したがって、太陽が昇る東側、すなわち左側が優位とされ、
向かって右側の方が上座とされたのです



親王右.jpg



それに対して、西洋右側優位の文化をもちます

明治時代に入って、欧米文化が国際儀礼として標準化され、
大正天皇が即位の礼で、洋装の天皇陛下が西洋のスタイルで皇后陛下の右に
立たれた事から、この風習が広まったとされています


その後、皇室行事の際は向かって右側に皇后陛下が並ばれるようになったので、
その影響がお内裏さまの並びにも及んで、
今では[男-女]の並びが一般的となっているのです

即位の礼 - コピー.jpg

厳かな感じが漂うお内裏様とお雛様そのものですね



親王左.jpg

現在はこの並びが主流になりますが…


ところが、京都や京都に近い関西圏などでは、宮廷儀礼を重んじ、この流
れに乗らなかったようで、その為、関西地方や古くからの風習を重んじる
地方では[女-男]という並びのままになっていることが多いのです

右だから、左だから間違ってる〜ということではないのですね

ちなみに、随身(ずいしん)の左大臣右大臣はどの地域でも宮廷儀礼に沿
って飾り付けますので、老人の左大臣は左上座である左側に置きます

右大臣左大臣.jpg

立派なお髭でございますね」「…エッヘン

なるほど〜みなさまのお宅の飾り方はどちらになりますか?
日本古来の物と思っていても、欧米文化が入って来ていたとは、意外な気
がしますね(*^_^*)


その他、雛道具の数や内容の違いなど、まだまだ様々な違いが残されています
五人囃子が五楽人だったり、十人も居たり…
東海地方ではいまだに三十品目の雛道具というたくさんのお道具セットもあるのです
みなさんの地方でもまだまだちょっと違った雛人形のお飾りや飾り方が有るのかも知れませんよ


sakura親王.jpg


陽が昇る事に関係して優位が決まったり、文化の違いで飾り方が色々変
わって来てるのが面白いですよね!
お人形達も一年ぶりに出ると「あれ?こちらに座ってよかったかしら?
と思ったりするかも…(^◇^)


お雛さままだ用意してないよ〜(@_@)という方は、秀光人形工房の品揃え
豊富な雛人形飾りをご覧になってみてはいかがでしょうか
お子さまご家族さまのお気に入りを探して、楽しいお雛祭りを迎えましょうね

bnr_hina.jpg bnr_may.jpg bnr_koi.jpg bnr_toy.jpg photo_ti_may.jpg 165700886.png

お雛様の飾り方のコツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

人形屋さんのように飾れる!
【雛人形の飾り方プチ】

こんにちは秀光人形工房の みややま です。

今回は、お人形屋さんの豆知識をご紹介いたします♪ 
                
飾り付け豆知識! お雛様を上手に飾れるプチポイント≫ 
        

DVC00298
お殿様やお姫様のお尻の部分にはセロハンがかかっている事があります。
  これは外さないで飾った方が良いですよ!
  製作中に汚れないようになっているのですが、飾っている時には見えにくい
  部分ですのでこのままの方が汚れにくくて良いと思います。


DVC00296 
お殿様の平緒(指差し部分)は組み紐タイプが多いので、
  かかっているセロハンは外さない方が良いでしょう。
  外してしまっても問題はありません。
  しまう時に紙でくるっと巻くように包んでおくと解けにくくて良いでしょう。
 

DVC00295
お雛様を飾る時はやっぱり雛あられも一緒に♪
 他に、甘酒やヨモギ餅、桃の枝や菜の花なども一緒に飾ると縁起も良いですね!


DVC00290
お殿様の刀は左脇の下に挟むようにして入れ込みます。
  紐で縛るタイプもありますが、無理に縛らなくても固定出来ちゃいます。
  前から差し込むだけでも大丈夫ですよ!


DVC00275

雛人形を飾る時の一番難しい場所は、
  ズバリお殿様の烏帽子をかぶせる時に結ぶあご紐です。
  お二人で帽子を押さえてもらいながら結ぶと良いでしょう。
  紐は耳の前に通しますがお造りによって異なります。
  お顔に触れないようご注意くださいね。
  かぶったままでしまうと結髪の乱れが怖いので…


IMGP2855
雛人形のお姫様の扇は大きいのでお顔が隠れてしまいがちです。
  この画像でほぼベストまで下がっています。
  腕が下がらない場合、両手を広げるようにして扇を下に落としてもOKです。
  手は手首を中心にクルクル回ります。
  扇の角度を手を回して調節して下さいね。

IMGP2853
雛人形の手は自由に動かして頂く事が可能です。
  これは扇が上に上がり過ぎてお顔があまり良く見ませんね。
  肘や腕の部分を少しずつ下に押し込んで調節してみて下さいね♪


IMGP2867
雛人形に欠かせないお飾りの一つ、雪洞(ぼんぼり)です。
  最近の雪洞にはいろいろな形があります。
  丸いミカンのような風袋や四角い行燈型。
  電気が付いたり中で回転する風車が色とりどりに光る物などもあります。
  コード式や電池を使ったコードレスもあります。

DVC00276
雪洞の絵柄が前に出るように飾ります。
  LED電球の場合、
  向きがありますので光り方を参考に見ながら組み立て下さい。
  雪洞の風袋(丸い部分)は壊れやすいので
  持つ部分に気を付けて力を入れて下さい。
  重心が高いので転倒にご注意くださいね。


DVC00270
お道具はいろいろな種類があるので一概には言えませんが、
  前飾りとしては真ん中に三宝と呼ばれる徳利にお花を差した物を飾ります。
  その両側に菱餅や高槻(丸餅)等が並びます。
  お雛様は基本的に左右対称に飾るときれいですね♪

DVC00272
三宝には徳利(とっくり)を並べるのが一般的です。
  徳利には紅白梅をモチーフにした口花(くちはな)を差します。
  口花には色々な種類がありますが、
  全部手造りですので機械仕上げのような正確さはありません。
  やはり左右対称が原則です。

DVC00271
小技です(*^^*)
  雪洞の配線は屏風の折り目の所に挟んで入れると良いですよ!
  屏風によってはきついモノもありますが、
  配線を屏風に食い込むように入れると配線も動かなくなるのでより安定します。

DVC00274
模様のついたお道具には裏と表があります。
  画像の右の菱台は逆ですね。
  三宝の徳利は重心が高くなりますので転倒にお気を付け下さい。
  黒塗りの模様の無いお道具もございます。
  全ての面に模様がある場合でも裏表がありますのでご注意くださいね。

DVC00273
三段飾り下段には、向かって右に御所車、左にお籠、
  真ん中には重箱を飾ります。
  御所車の隣には桜を、左側には橘を置きます。
  三人官女の間には高槻(丸餅)を置きます。関西風のお道具の場合、
    鉾と山車になります。

↓こちらは箱型の収納飾りセット
IMGP2861
雛人形を飾る時には全体を左右対称に飾るとバランスが良いです。
  各人形の持ち物は肘や腕を動かして持たせやすい形に調節して下さい。
  手首を回す事も出来ます。
  どうしても持たない場合は前に置くだけでもOKです。
  お餅等の置く位置もお好みでかまいませんよ♪
  (名入れ袱紗も真ん中に♪)


↓こちらは引出タイプの収納飾りセットです。IMGP2864
雛人形セットの中で引き出し式収納タイプが今年もとっても人気度高いです!
  タンスのようにしまってしまうので、
  飾ると大きく豪華ですがしまうと小さくなってしまうのです♪
  一つの箱に全てしまうので物が無くなってしまう事もありません。
  とっても便利なんですよ!

 
 これで、飾りつけはバッチリ〜  

 ちょっとしたことで飾り上りが違ってくので
 ぜひ、試してみてくださいませ♪  
 
  
 大切なお子様のお守り役として、
 お気に入りの雛人形をどうぞ末永くお飾りくださいね。

お雛様の飾り方のコツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

ひな人形の飾り方・しまい方♪

 こんにちは秀光人形工房の みややま です。

  もうすぐ、ワクワクひな祭り    
    3月3日が待ち遠しいですねー

                         

ひな祭りに欠かせないものといえば当然、雛人形ですよね。

そこで雛人形飾り方しまい方をご紹介しますので参考にして下さいね。


【親王飾りの飾り方】
 http://www.hinakoubou.jp/hinacontents/index.html

【親王飾りのしまい方】
 http://www.hinakoubou.jp/hinacontents/s-hira.html

【段飾りの飾り方】
 http://www.hinakoubou.jp/hinacontents/k-dan.html

【段飾りのしまい方】
 http://www.hinakoubou.jp/hinacontents/s-dan.html

【コンパクト収納の飾り方】 
 http://www.hinakoubou.jp/hinacontents/k-compact.html

【コンパクト収納のしまい方】
 http://www.hinakoubou.jp/hinacontents/s-compact.html

全ての飾り方や付属物がこの通りとは限りません。
 代表的な例ですのでご了承下さい。

あとは、雛人形を飾る前に箱に入っている状態を写真に撮っておくのも
後で役立ちます。
しまう時に「入りきらなくてしまえなくなっちゃった!」なんて話を結構聞きます。
よく、旅行の時に、行きにはきちんと収まっていたものが、
帰りになるとなぜか上手く入らないなんてことありません?
それと似たような感じですかね。
念のためにやっておくと役にたつので是非、お試し下さいね。


お母さんの真心こもったお食事と
雛人形を飾って
どうぞ、ご家族みなさまで楽しいひな祭りをお迎え下さいね。


                           



お雛様の飾り方のコツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

みんなで楽しく飾りつけ★ひな人形飾り方ご紹介♪♪

こんにちは!いらっしゃいませ。
秀光人形工房さわだです。(*^▽^*)

全国で天候が崩れ大雪が降ったりしていますが、
立春を過ぎて、暦のうえでは日いちにちとに近づいているんですよね〜!
神社や公共の施設などでも雛人形を飾りました
なんていうニュースを耳にするようになりましたね(*^^*)

いよいよ、ひな祭りが近づいてきた(*≧▽≦*)♪。。。って感じでしょうか?

初節句をお迎えするご家族はもちろん(*^^*)『ひな祭り』って女の子にとっては、
何だか毎年 ワクワク♪ ウキウキ♪♪しますよね\(*^▽^*)/


ご家族みなさまでひな人形の飾り付けをしたりして、
今からひな祭り気分を楽しんじゃいましょうね(*≧▽≦*)キャハ


でも。。。いざ飾るぞ!!って時に、どうやって飾るの〜????
なんてなってる方、いませんか〜〜(*^0^*)

そんな時の為に、ぜひ当工房でご紹介している
【ひな人形の飾り方】を参考にしてみてくださいね♪

最近では、デザイン性に富んだひな人形飾りもたくさんありますが、
ご紹介しているのは、平飾り・段飾り・コンパクト収納飾りの
一般的なタイプのものです(*^^*)




飾り方をご紹介したついでに・・・
さわだのおススメのひな人形飾りもご紹介しちゃおうかな(^0^)オホホ!


★★木目込みひな人形飾り★★

丁寧に作りこまれた、作者の想いが伝わる木目込み人形(*^^*)
優しい顔立ちや美しい色合いが、女の子にピッタリ!
いつまでも飽きのこない高いデザイン性で、
末永くお飾りいただける素敵なひな人形飾りですよ♪♪



   ↓ ↓  さわだのイチオシはこちら  ↓ ↓
       
【P80114】木目込ケース入り立雛親王飾りセット

ネットオリジナル商品
人気の女流作家『木村一秀師』による、可愛らしさの中にも上品さが漂う立雛です。
金バックの黒塗ガラスケースが、より高級感をもたせお内裏様とお雛様をより一層引き立てています♪
初節句のお祝いはもちろん、お人形がお好きな方や、ご自分のために新しいひな人形を揃えたいとお考えの方などにもおすすめしたい一品です!




【P80142】木目込ガラスケース入り十五人飾りセット
         
ネットオリジナル商品
ふくよかなお顔がとっても愛らしい木目込み人形です。
十五人飾りなのでボリュームもタップリ!!
白木のケースで、明るさが増した華やかな雰囲気の一品です。
ガラスケース入り十五人飾りで五万円台はとてもお値打ちですよ(*^^*)




もちろん他にもたくさん素敵なひな人形がありますよ〜♪♪



お子さまの代わりに災厄を受け、お子さまを厄や災難から守るひな人形。
大切なお子さまの為に、一年に一回ひな人形を飾って、
素敵なひな祭りを迎えたいですね
(*^▽^*)/

お雛様の飾り方のコツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)