雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 羽子板・破魔弓 新作発表しました♪ | main | 羽子板飾り・破魔弓飾りは大切なお子さまのお守りです♪ >>

初節句を迎えるお子さまの大切なお守り♪羽子板飾り★破魔弓飾り

こんにちは!秀光人形工房さわだです。(*^▽^*)ノ

いよいよ師走!
日に日に忙しさが増しているのではないですか?
秀光人形工房店も年末に向けてダ〜ッシュ=3=3の毎日を送っています(*^▽^*;)

年内のこの時期は、初正月のお祝いに贈る
【羽子板飾り】【破魔弓飾り】
お求めになるお客様からたくさんご注文を頂いています♪♪
 ≪初正月≫ をお迎えする赤ちゃんが多いんだなぁ、とスタッフ一同嬉しさを感じながら、日々発送作業におわれています(^0^;)

【羽子板飾り】【破魔弓飾り】は、初正月を迎えるお子さまへお贈りする、大切なお飾りなんですよ(*^▽^*)♪♪

今回は【羽子板飾り】【破魔弓飾り】お薦め商品&豆知識もご紹介しちゃいます(*^▽^*)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
たくさんの種類がある中で、毎年人気なのがケース飾り!!

【羽子板ケース飾り】【破魔弓ケース飾り】の人気の秘密は・・・

箱から出して飾るだけのお気軽さ!
お手入れは、ケースのガラスやアクリル板をササッと拭くだけの簡単☆手間要らず!
埃や汚れから羽子板を守ってくれるので、ペットを飼っている方にも安心して飾っていただけます!

さわだのこれ!オススメ♪

羽子板飾り【P6018】☆☆インターネットだけのオリジナル商品♪           
縮緬の可愛い色合いの着物の羽子板と、ピンク色のケースがとても華やかで初節句を迎える女の子のお祝いにお薦めです♪
背板に桜の花柄をあしらった前柱の無いケースは、和室はもちろん洋室にもマッチしますよ(*^^*)      
         
破魔弓飾り【P7017】☆☆インターネットだけのオリジナル商品♪          
細部にまでこだわって造られた弓矢と細かい装飾が施された刀がセットの破魔弓飾りが2万円台の超お買い得品!
お子さまのお守りとして、まさにお薦めの豪華な一品です♪           

もちろん、他にも素敵な【羽子板飾り】【破魔弓飾り】がたくさんありますよ♪
秀光人形工房ネット店をぜひ覗いてみて下さいね!!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

★お正月飾りの豆知識★

【羽子板はどうして飾るの?】
羽子板というと、お正月の羽根つき遊びをイメージしますよね。
でも、お飾り用の羽子板は羽根つき用の羽子板と全然違うんです!

お正月の羽子板飾りは、可愛いお嬢さまが健やかに、美しく成長するため【邪気】をはね(羽根)除けるようにと飾られるものなんですよ♪
なので、お正月の羽子板飾りは、羽根つきのため用ではなく、女の子の強力なお守りなのです♪
もちろん、ひな人形の脇飾りとしても飾っていただけます!

【破魔弓はどうして飾るの?】
破魔弓は知っているけれど、どうして飾るのか?どんな意味があるのか?
知らない事って結構ありますよね〜。

お正月の破魔弓飾りは、大切なご子息に降りかかる邪気をはらい、悪魔を恐れさせ近づかないようにと飾られた、お子さまのお守りのようなものなんですよ。
戦国時時代、弓矢は戦に使われる武器として扱われていましたが、破魔矢・破魔弓飾りは、可愛い息子を戦場に向かわせるために持たせる道具という意味合いでは無く、強さと凛々しさを表し、可愛いお子さまの健やかな成長の無事を託した縁起物として飾られたのです。
昔は、より美しく豪華な破魔弓飾りが厄払いの縁起物として喜ばれたそうです。

【ルーツや始まりについて♪】

羽根突きのルーツは中国?
十四世紀の中国には、硬貨をおもしとして使った羽根を蹴る遊びがあったそうです。
その遊びが日本に渡来し、羽子板の起源になったという一説があるそうです。
  
羽根についてる黒い玉ってナニ?
黒玉の正体は『ムクロジ』という大木の種なんです。
漢字では『無患子』、つまり「子が患わ無い(こがわずらわない)」と書くのでいつしか【羽根をつくことは無病息災】を表すお守り行為になったそうです。

破魔弓はいつ頃から飾り始めたの?
現在のような弓と矢を組み合わせになったのは鎌倉時代。
武家の男児が立派な武士として名を上げるようにと願いを込めて、初正月に遊べるような弓矢を贈ったのが、始まりのようです。
  
江戸時代になると、豪華な破魔弓が作られ飾ることが主流になったそうです。
装飾された弓と矢は、男の子の無事と健やかな成長を願う縁起物として、初正月や初節句に贈られるようになりました。
    
子供の将来を想い飾る羽子板や破魔弓♪素敵な風習ですよね(*^▽^*)
そして、羽根ひとつとっても、こんなに深い意味があるなんて!
カンカンと良い音を鳴らすたびに、元気になっちゃいそうです(^^)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――  

季節はすっかり冬!コタツ+みかんでヌクヌクしながら、ぜひ秀光人形工房ホームページに遊びに来て下さいね(*^▽^*)/
クリスマスプレゼントにピッタリぬいぐるみも各種取り揃えていますよ♪

インフルエンザが流行っているので、みなさまも充分ご注意下さいね!
次のあたふた日記もお楽しみに〜♪
JUGEMテーマ:大晦日/お正月


お正月豆知識 | permalink | comments(1) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

管理者の承認待ちコメントです。
- | 2018/04/01 12:24 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/137
この記事に対するトラックバック