雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 兜に穴が開いてる!? | main | 日本で今が一番盛りのバス停 >>

クルマと雛人形

2月の下旬から3月3日まで。品川の三菱自動車本社ショールームさんに雛人形の段飾りを展示していました。
かなり広いスペースだったので、普段は大きく見える雛人形がちっちゃく見えちゃいます。(*^▽^*)

現代風の洗練されたデザインの新型車と、いにしえの時代の雛人形のコラボレーション!?
一緒に並んで展示されていると、なんだか違う空間に迷い込んだようですね。

最近の車の色合いも派手目な原色やメカニカルな色合いが多いので、柔らかさと華やかさを融合させたお雛様の色合いとは明らかに違いがあります。

クルマの色は時代や流行があるのでその都度変わってきますね。
クルマ自体のデザインや形、機能などでも色が変化しています。

お雛様にももちろん流行やデザインの変化がありますが、劇的な変化は起きにくいですよね。
お雛様には細かくそれぞれにいわれや理由があってその色を使っていたりしますので。

私たち造り手としては、この両極端とも思える性格のモノ同士を並べて展示した事でかなり考えさせられた部分があります。

クルマは変わる事によって進化を遂げますが、お雛様は変わらない事によって永く心を動かすものを持っています。

どちらも素晴らしい事なのですが、それぞれの性格を生かした特徴をさらに活性化させるように改善していくと言う事。
お雛様にとってどのように捨拾選択をして変化していくのが一番良い事なのか。
自分で飾って自分で撮ったこの写真を見ながら、これからしっかりと考えていかなければいけないかな〜なんて思ってしまうのでした。(*^^*)

三菱本社ショールーム
イベント情報 | permalink | comments(3) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

へぇ〜!すごいですね!
お雛さまを展示することで反響とかってあったんですか?
近年、和の文化だとか、こだわりの商品というものが注目されているので、雛人形もきっと注目されたのではないかと思ったりしています(*^_^*)
次世代へと進化していく車と日本の伝統文化を継承していく雛人形。
どちらもお互いに引き立てる効果があったのかもしれないですね!

それにしても本当に迫力の雛人形が小さく見えますねw(〇◇〇)w!!
bivi | 2006/04/10 2:35 PM
コメントありがとうございます。
そうですね〜品川の駅前の一等地でしたので、かなり見ていかれるビジネスマンやキャリアウーマンの方がいらしたそうです。
ご家族連れの方々も楽しそうに見ていたようですよ♪

クルマと雛人形と言う組み合わせもびっくりなさった方が多かったみたいですけど、雛人形のやさしさに触れるとみなさん笑顔になるようです。
忙しい現代社会に、伝統工芸が一服の清涼剤になってくれたのでしたら幸いです♪

今の時期、今度は鯉のぼりが泳いでいますので見に行って下さいね!(*^^*)
秀光人形工房 かねこ | 2006/04/11 6:35 PM
>かねこさん
返信ありがとうございます〜。
そうなんですかぁ。雛人形って見るとホッとするというか、和むというか、
なんだか落ち着いた気分になります(*^_^*)そこだけ空間が違うんですよね〜!
すごく素敵な日本の伝統文化だと思います。

今は鯉のぼりですかぁ!いいですね!ショールームさんの前で泳いでいるんですか?私は残念ながら近くに住んでいないので見に行けないのですが(>_<)、またお写真掲載して下さると嬉しいです♪
bivi | 2006/04/13 4:22 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック