雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みんなで楽しく飾りつけ★ひな人形飾り方ご紹介♪♪ | main | 【お客さまへ大切なお知らせ】 ‐返信メールを受信されていないお客さまへ‐ >>

ひな祭り・ひな人形『あれこれ』豆知識♪♪

こんにちは!いらっしゃいませ。
秀光人形工房さわだです。(*^▽^*)

スーパーなどにも「ひなあられ」「甘酒」「桃の花」が並ぶようなってきました!!
ひな祭りの雰囲気が盛り上がってきてますね\(*^▽^*)/

古来より続いているお節句行事。
日本の文化をお子さまに伝えるとっても良い機会でもあります♪♪


3月3日のひな祭り、女の子のお祭りって事は知っているけれど、
案外詳しい事はチョット・・・??という方もいらっしゃるのでは?


ひな人形ちょこっと豆知識として
ひな祭り・ひな人形の『あれこれ』をご紹介しちゃいますね(*^0^*)


まずは。。。

―――――――――――――――
◆  ひな祭りの誕生  ◆
―――――――――――――――

ひな祭りの誕生

ひな祭りの歴史は、なんと平安時代までさかのぼります。
平安時代、宮中では3月始めの巳の日(十二支のヘビに当たる日)、天地の神に無病息災を願ってお祓いをする行事がありました。
陰陽師(現在の加持祈祷をする人)を呼び、神に供物を与え、人形に禍(わざわい)や凶事を託して川や海に流したり、神社や寺院に納めて祈祷をしていたそうです。

その頃、宮廷の婦人や子供達の間で、紙の人形(ひとがた)と身の回りのお道具を模したおもちゃで遊ぶ『ひいな遊び』が行われていました。
現代のおままごとのような遊びですね。

そして、この無病息災のお祓いと『ひいな遊び』が結びついて定着したのが、
【ひな祭り】といわれています(*^_^*)


「ひな」「雛」「ヒナ」・・・どんな意味?

「ひな」は漢字で「雛」ですが、この言葉はどこからきたのでしょう?
 
それは「ヒー」と鳴く生まれたばかりの鳥の声からなんです♪
それが、「鳴く」の縮音の「ナ」と結びついて「ヒーナ」となり【ヒナ】になりました。
「ひな」とは、【小さくて可愛い】という意味で用いられ、宮中の姫たちが遊んだ人形は、人の形を小さく作ることから「小さくて可愛い人形」→「ひな人形」となりました。


―――――――――――――――
◆    風習     ◆
―――――――――――――――

中国の故事からやってきた?

ひな祭りのお人形は、全国各地に残る禊事(みそぎごと)としての『曲水の宴』、
『流しびな』の風習と深く関わっているのはご存知でしたか?

古代中国の伝説で、漢時代の終わり頃、郭虞という人物は三人の娘を大変可愛がっていた三人の娘が嫁いで子供を産む時、同じような難産に苦しんだのが陰暦の3月はじめの巳の日だったそうで、近隣の娘達が毎年その日を忌み嫌って、川の畔で禊ぎをするようになったそうです。
また、天気の良い日に河畔で新鮮な空気を吸う事は、冬に閉じこもっていた心と身体の保護にもなり、次第に定着していったそうです。

この禊事が『曲水の宴』となり、日本に伝わったといわれています。

古い記録をみても、宴の多くは3月3日に開かれ、太宰府天満宮(福岡県)などでも、3月のはじめの日曜日に、十二単や束帯の衣装を着た男女が参加する艶やかな『曲水の宴』が開催されます。

また、同じ流れをくむ伝統のひとつの『流しびな』は、「巳の日祓い」ともいい、
春の農耕に先立ち、草や藁、紙で作った人形に、人間の穢れ(けがれ)を移して川や海に流します。


ひな人形は、『お子さまの厄を引き受ける』という大切なお役目を持っています。
お子さまの健やかな成長と、末永い幸せを願いお一人お一人にひな人形を揃えたいですね♪


―――――――――――――――
◆   立雛について  ◆
―――――――――――――――

ひな人形というと、衣装着をまとったお人形に豪華七段飾りなどを想像する方が多いのでは?
でも、ひな人形の祖先は『立雛』なんですよ


『立雛』誕生秘話

人の形に作った人形を、「天児(あまかつ)」または、「這子(ほうこ)」と言い、どちらも「天から授かった子」「生まれたばかりの子」という意味があります。

「天児」や「這子」は布や木で作られ、子供が3歳になるまで祓いに使い、10歳までは人形に衣装を着せたりして遊び友達になっていました。
また、母子の身体を人形でなでて、産後の肥立ちが良いように、また、子どもの発育が良いようにと祈って水辺へ流したそうです。

「ひな」と呼ばれた人形と、「天児」や「這子」が統一されて「立雛」という呼び名が誕生したそうです。
また、立雛は「神雛」、「神雛」ともいわれています。


意匠を凝らした『立雛』

時が過ぎ、いつしか「立雛」は創意工夫が施され、男女の形の美しい工芸品になっていきます。

男は袖を張り、袴をつけ、金冠をかぶり凛々しく、
女は帯をまいてつつましやかな姿になり、
二体が調和した形として完成されていきました。

当時の国風として、外的な男性と内助の婦人の考えがあり、それを子ども達に伝える意味もあったそうです。

男雛の衣裳は主に松柄がデザインされ、女雛の衣裳は主に藤柄がデザインされています。


今も昔も、子どもを思う親の気持ちは一緒!!
昔から続く習慣には、大切な意味があるからこそ現代まで引き継がれているんですよね♪


豆知識は次回へつづく〜(*^▽^*)/
桃の節句豆知識 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック