雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< なぜ?なぜ?【羽子板】【破魔弓】の豆知識(^^) | main | はじめまして!宮山です♪ >>

秀光人形工房の安さの秘密



雛人形五月人形等の節句人形は、基本的に胴体・頭・持ち物・屏風・飾り台などが、それぞれ専門の工房や工場で作られています。
そして、それらを問屋さんや、胴体を作る工房がセットをして完成し、一般小売屋さんに仕入れて頂きます。
お人形は一人や一つの工房で全てを製作するのでは無く、それぞれの職人や工房が得意な部分を担当し、それらの出来上がった部品を一つにまとめあげて完成させていくものなのです。

私たち秀光人形工房は、この主にお人形の胴体の部分を製造している工房です。
胴体の部分を作っているのを着付師と呼びますが、主にこの着付師が最終的にお人形を一つにまとめて仕上げていくのを担当しています。
胴体部分を担当している私たちの人形工房が、他工房から仕上がってきた頭や手足の各パーツを合わせ一体の人形に仕上げていくのです。

また、屏風や雪洞(ぼんぼり)などを、仕様や大きさを指示して他工房に製作依頼し、それらを取り揃え、組み合わせて、 各地専門店さんや量販店さんへ卸売りもしています
全国の素晴らしい伝統工芸を生かして造られたお品や、特殊技術を駆使して造られた逸品など、素敵な品や部品を探し出してきて組み入れるのも私たち工房の役目となっています

そこで、当工房でお買い求め頂くお客様には、
人形製造卸問屋として「製造直売」 (工房からお客様へ直接販売&直接配送)
という形をお取り出来ますので、高品質なお人形をとってもお買い得な価格でお求め頂けます。

お買い物ページでは、下記2種類の価格表示をさせて頂いております。

参考価格 一般市場で出回っている、もしくは問屋さんが小売店に参考提示する価格
直販価格秀光人形工房の実店舗で実際に売られている、かなりお得な価格


「直販価格」は、自信を持ってお勧め出来る品を特にお安く厳選した品々です。
こちらは、インターネットでご注文のお客様にもご提供させて頂ける特別サービス価格ともなっております。
「直販価格」は直営店舗でもインターネット店でも同じ価格となっています。
どうぞご安心してお買い求め下さいませ。

雛人形五月人形鯉のぼりなど、商品自体はいろいろな種類や仕様があります。
しかし、その造り方や製造の過程、流通の仕方などにはそれほどの変わりはありません。


私たちは製造工房ですので、造って直接販売しているのですが、百貨店さんや小売屋さんなどは、製造メーカーや私たちのような工房から買い集めて仕入れたお品を販売していただいているのです。
中には、特別仕様に発注してそれを自社ブランドで販売している小売屋さんもいらっしゃいます。
その場合は、そのお店独自のオリジナル商品となりますので他のお店では同じものが販売されておりません。

百貨店さんはその場所代や人件費などを商品代金の中からまかなわなければならないので、どうしても少し割高にならざるをえません。
全国展開している小売屋さんは広告代や在庫リスクは必ず製品に転嫁されますから、リスク負担や広告分だけどうしても割高に売らなければなりません。

当工房は工房周辺の地元の方やネットだけでの販売なので、
余計な経費がかからない分お安く販売出来ます。

広告や仕入れ負担分も少なくて済みますので、その分価格にも反映できるのです。
モデルも自社社員なので芸能人への高額な出演料やモデル代もかかりませんしね。

百貨店などで購入いただければ、やはり知名度もありますしその分優越感があるかもしれません。
でも、その分の対価もかかってしまうので、ご理解頂きたいと思います。
同じお節句のお人形なんですけど、やはり百貨店さんの方がディスプレイなんかも上手ですからね。

どこで買えば良いのかわからないというご質問をよくいただきますが、ご購入いただけるお客様のお考え次第だと思います。
百貨店さんや大手小売屋さんであれば安心と言う考え方もまだありますでしょうし、知名度が基準でお選びになる方もいらっしゃいます。
結局、最終的に修理したりアフターサービス対応したりするのは私たちなんですが。。。

でも、同じお品なら価格も品質も絶対負けない自信がありますので、
是非私たち秀光人形工をご検討くださいませ

 

Q&A | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック