雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< みんなでお出掛け!楽しく学ぼう!こどもの消防広場に集合だー♪ | main | 第19回鯉のぼりフェスティバル 大好評で開催! >>

端午の節句の菖蒲(ショウブ)の意味は?

 こんにちはー 秀光人形工房の みややま です。

前に端午の節句に欠かせないお供えとして粽(ちまき)』と『柏餅』をご紹介しましたが
他に、最も欠かせない物として『菖蒲(ショウブ)の葉があります。
 
 みややま は毎年、『菖蒲湯に入るのが習慣です。   
 ネットにいれるのも良いのですが、見た感じ風情がなくなってしまうので
 二箇所ほど束ねそのままお風呂に入れます 
 菖蒲の葉って結構とんがっているのでちょっと葉先が体にあたるとチクチクしますが 
 良い香りで体は温まるし、我が家には毎年欠かせないものです。

 菖蒲(ショウブ)には昔からとっても意味が
古代中国では、この時期に成長する「菖蒲(ショウブ)」や「よもぎ」等の薬草を軒に差したり、菖蒲にして体に取り入れたりして厄除けをする風習がありました。
(みややま 菖蒲は知りませんでした!どんな味がするのでしょう

日本でも同じように、
菖蒲の強い香りや薬効成分が魔除けにもなり、虫等からも守ってくれると信じられて、
家の軒先に菖蒲を吊るしたりする習慣がありました。
この習慣から、端午の節句を「菖蒲の節句」とも言われています。

菖蒲は胃や内臓の薬として重用され、尿の排泄を良くしたりする事にも効く事から、古くから薬草として知られていました。

また、端午の節句の時期に健康を祈願しながら、沸かしたお風呂に菖蒲の葉を入れて
入浴する『菖蒲湯』も良く知られています。
(みややま おすすめです!体温まって湯冷めしずらいです!いつもと違うお風呂にこどもも興味深々です

江戸時代に入ると、この菖蒲は端午の節句には無くてはならない物となります。     
菖蒲(しょうぶ)が「尚武」に通じる事から、男子武運栄達
健やかな成長とお家の永代繁栄を願う行事として発展していきました。
 
                               

まるで剣のような長い葉っぱのショウブは、なんとサトイモ科なんだそうです。 
ちょっとイメージが違いますよね。『あやめ』と『ショウブ』は全く違う植物なんですよ。
同じ『菖蒲』という字なので間違えやすいですよね。

紫色が鮮やかな、お花が咲く『あやめ』は、アヤメ科の「花ショウブ」です。とっても優雅で豪華なお花をつけますよね♪

対してサトイモ科の『ショウブ』は、小さくて細かい粒のような花を棒状に密生させて
咲きます。ちょっと見た感じではお花とは思えないかもしれません。

端午の節句のお供えとしてお飾り頂くのはどちらでもかまわないと思います。
どちらかだけでももちろん大丈夫です。
端午の節句のお祝い当日には、とした美しさを持つ
菖蒲を、
五月人形と一緒にお飾り下さいね。
ちょっと添えると雰囲気がステキになると思います。

端午の節句豆知識 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

みややまさんは毎年菖蒲湯につかるなんんて素敵ですね。
日本の伝統をちゃんと受け継ぐなんてとても素敵です。

やっぱー | 2009/05/20 11:58 AM
やっぱーさん、コメントありがとうございます。

菖蒲湯だけじゃなくて、いろいろなモノをお風呂に入れて楽しんでますよ♪
でもやっぱり菖蒲湯は格別ですね!
殺菌効果やお肌にも良い成分が豊富に出ているので、お風呂出た後でつるつるつやつやになるんですよ。
もぅやめられないです!
秀光人形工房 みややま | 2009/07/16 1:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/208
この記事に対するトラックバック