雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 雛人形の『人物』豆知識 | main | きょうは楽しいひな祭り♪ >>

ひな祭りのごちそうは?

 こんにちは、秀光人形工房の みややま です。
     
 もうすぐ桃の節句ですね。 

初節句をお迎えのみなさん
   『おめでとうございます』
初節句は祖父母や親しい方を招いてお祝いをするのが一般的です。
みんなでお食事したりおしゃべりしたり写真を撮ったりetc・・・
楽しく過ごします。

お祝いのお料理もその土地やご家庭でいろいろあると思いますが、
一般的にはひな祭りの料理といえば、
蛤のお吸い物や彩り鮮やかなちらし寿司などが定番のようですね。
蛤のお吸い物には、
『女の子の良縁を願う意味があるといわれています。』
 蛤は一対の貝殻だけがぴったりと合い他の貝殻とは
 けっして合わない特徴から仲睦まじく暮らせる相手が
 見つかるようにと意味が込められているのです。

我が家は姪っ子が高校生なので小さい子供はいませんが、 
毎年、 雛人形を飾ってちょこっとだけそれらしき料理を作り、
ひな祭り気分を味わっています。
ちらし寿司

これは一昨年、姪が一人で
初めて作ったちらし寿司です。


ちらし寿司はお子さんと一緒に
具材を盛り付けしたりいろいろ楽しめます。

お赤飯     ちらし寿司
いつもはだいたいお赤飯や錦糸卵を敷き詰め紅ショウガや桜でんぶ、
海老を開いて茹でたものと青みで、きぬさや、三つ葉などをちらした
ちらし寿司が多かったのですが、去年はこんな感じの料理を作りました。 
小さい子供がいないので生ものオンリーです。
んっ!? お吸い物の貝が小さい気が・・・
                   蛤じゃないのでは・・・まっ いいか(テヘ)うちの料理
       大人は白酒ならぬ日本酒をいただきました。

こーんな綺麗なお菓子を見つけてので即買い!
なんだか、とっても可愛いのでお菓子のアップ写真を撮っちゃいました。
味は桜の香りがホワーとして甘すぎずぷるぷるしてておいしかったです。
桜のお菓子
季節の和菓子
こっちは、みややま家大好物の
練りきりです。

季節感たっぷり!
どれも春を感じさせるお菓子です。
真ん中のお菓子は菱餅と同じ色で
 お雛様らしいですね。

美しくて食べるのがもったいないですが
パクッと食べちゃいます。
ひな祭り季節のお菓子
お菓子をこんな感じに盛り付けて、ちらし寿司とお吸い物と並べれば
テーブルの上はとーても華やかに。
彩りよく作ると春らしい雰囲気でひな祭り気分が盛り上がります。 

この中には無いですが、
ヨモギもち【よもぎもち】もこの時期食べると良いといわれています。
蓬の葉は昔から薬草として知られていたので、
『病をよせつけない力がある』と言われています。


うちにあった本にこんな料理の写真が載っていたのでご紹介。  
ちらし寿司                                                             
【ちらし寿司】
ちらし寿司を型でお花やハート、動物の形に模って
上に錦糸卵やお刺身やいくらをちょこっとのせると、
それだけで華やかに見えるし、
簡単に作れるのに、
手が込んで見えるところがナイスですね。

お子様が小さいうちは、たくさんの
量を召し上がらないと思うので
こうゆう感じなら喜びそう♪
カワイイので少しの量をお皿に盛りつけても
さみしくないですよね。

我が家も今年は可愛らしく
作ってみようかなと思います。
食べ過ぎ防止にもなりそうですね〜

【蛤のお吸い物】
蛤のお吸い物【三色ゼリー】
緑は抹茶を使用しているようです。
ピンクはいちごを使用していますが
食紅で薄く色を付けても簡単かも
三色ゼリー
小さい子供におすすめおにぎり雛
おにぎり雛おにぎりにを三角ににぎりハムやキュウリ(薄切り)を
1センチ〜2センチくらいの幅に細長く切って
着物の衿にみたて巻いて飾り楊枝でとめ、
ウズラのたまごも楊枝でさして
顔にみたてると可愛い殿・姫の出来上がりです。


皆さんはどんなお料理をつくるのかしら?

どんなふうにひな祭りを過ごされるのかな?

わたしたちに自慢のお料理の写真や、ひな祭りの楽しみ方など
教えて頂けたら嬉しいです。 

お写真、お便りお待ちしておりまーす。

余談ですが、
食いしん坊 みややま は今年、ぜひ食べてみたいひな祭りのお菓子があるのです。
子供の幸福を願う公家のお餅として登場したという「引千切(ひちぎり)」という、
餅を引きちぎったような形にして杓子とし、その上に「きんとん」や「餡」をのせる
和菓子があると聞いたので ぜひ、食べてみようと思っています。(よだれがぁ〜)
(ホント私は食べることが好きなのね・・・ お恥ずかしいです・・・)

食べることができたら、どんなお味だったかご報告しますね。(ムフフ)











桃の節句豆知識 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック