雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 日本シリーズ応援必須アイテムはこれ!! | main | ウイルス >>

赤ちゃんのために知っておきたい!お正月飾りってどうして飾るの?

いらっしゃいませ、こんにちは。
秀光人形工のすがわらです

早いものでもう11月ですね。

≪秀光人形工房各店舗≫では、
初節句のお祝いの羽子板飾り破魔弓飾りをた〜〜くさん飾りました

コンパクトなサイズから大〜きなサイズまで、
たくさんの商品がお店に並び始め、
とても華やかな雰囲気ですぅ店頭はもうすっかりお正月チックでございます

初節句を迎える赤ちゃんにとって、
お正月飾りの羽子板飾り・破魔弓飾りは、
とっても大切なお飾りなんです


【羽子板飾りの由来】

羽子板の歴史は7世紀頃から宮中で行われていた
『毬杖(ぎっちょう)遊び』が起源とも言われています。
これは先がへらのような形をした杖(毬杖)で毬(まり)を打ち合う遊びです。
この杖が変化して羽子板になったと考えられています。

これが鎌倉時代になると羽根つき遊びになって来ています。
栄亨年間、当時のある宮様の日記の
『看聞御記(かんもんぎょき)』の栄亨4年の正月の条に、
宮中で女官などが男組と女組に分かれて
羽根つきを行った事が記録されています。

また、同じ書物には、当時の足利将軍が年末に、
宮中へ羽子板を贈った事も記録されています。
鎌倉時代の文安年間(1444年頃)の辞書『下学集』と言う書物には、
羽子板と言う言葉が載っていて、
『正月に之を用う」と註が有ります。

羽子板は室町時代から『羽根つき』用の物と『飾り用』の物に分かれていきました。
羽根つきを描いた桃山時代の絵によると、
羽根をつく羽子板は板の上に梅の絵などを描いたり、
左義長(宮中の正月の儀式で悪を追い払う行事)を描いたものでした。

江戸時代の後期から、これに押絵と言う技法が確立し、
歌舞伎役者の姿を表したりして一段と華麗さを増し、
庶民の人気を集めるようになりました。

羽子板でつく羽根の先には玉が付いています。
この玉は「むくろじ」と言う木の種です。
『無患子』と書き、『子供が患わ無い』と言う意味として、
子供のお守りとして大変珍重されています。

昔からの伝承によって諸々の邪気をはね(羽根)除けて、
健やかに育つようにとの願い
込められている羽子板。
これからも末永く飾っていただきたい、由緒ある日本の伝統の工芸品です。


破魔弓飾りの由来】

元は魔や厄災を払い除くと言う神事用のとなります。
弓矢は元々武器の一つでしたが、
その威力からか邪気をはらい悪魔を恐れさせると言う
特別な力が備わっていると考えられていました。
その為、公式な神事や棟上の式等のお払いの行事にも使われていました。
弓矢自体に目には見えない精霊を退散させる力が有るものと言う意味と、
人間には知る事の出来ない
方向と距離を判定する占いの用具としての意味も有ります。
したがって、神社等では平安の頃から、
魔除けの意味での破魔弓神事や、年占い神事が行われていました。
「はま」は弓矢で射る的、もしくは的射の競技を意味する語で、
後に『破魔』の字を当てて、
魔を射る矢と解されるようになりました。

これらの神事が一般に広まり、
現在の形になってきたのは鎌倉時代以降と言われています。
各地の城下町を中心に武家や豪商の間で、破魔弓を飾って悪魔を追い払い、
家内安全を祈るようになりました。
初正月に男の子をお祝いする風習は各地に元々あり、
男児の玩具弓矢と結びつき、
男の子の健やかな成長を祈る飾りになっていったようです。
今日でも、文字通り魔除けと厄払いのお守りとして、
お子様の身を護るための防具として
贈りあう習慣が残っているのです。

可愛いお子さまの為に、お正月飾りをぜひ飾りたいものです

ぜひご家族皆さまで直営店へ足を運んで頂き、
素敵な羽子板飾り・破魔弓飾りをお選び下さいね

ついでに、雛人形飾り五月人形飾りのご相談があれば、
お気軽に店頭スタッフにお問い合わせ下さいね
当工房のドールコーディネーターが喜んでご相談を承ります


スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ちしておりまぁ〜す

Q&A | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/418
この記事に対するトラックバック