雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 乃木坂46MSC with Cipher Racing Team in Macao-GP | main | 写真たてのぬいぐるみ登場!
ミッフィーが大事に写真を持ってくれるよ♪ >>

『真多呂作 変わりひな』発表〜♪

毎年恒例の木目込み人形の大御所である真多呂さんから発表される変わり雛が発表されました。
その年の世相を反映させた作品を、この時期に公開されるのです。
これが発表された記事が出ると、いよいよ年の瀬だなぁ〜っと感じるのです。


真多呂作変わり雛1
朝日新聞 2012年11月27日火曜日 東京本社版 夕刊15面 掲載分

それにしても良く出来ていますね~
表情も真多呂さんならではのやさしく愛情あふれる感じが良く表現されています。
姿形も奇をてらうようなことはせず、古典的ながら特徴をしっかり出した形になっているので驚きです。
毎年、それも今年で66回目だというのだから、そのご苦労や生みの苦しみも大変なものだと推察します。

そんな素晴らしい作品の中でも〜

今年の目玉はやっぱり「ロンドン五輪大健闘雛」ですかね〜♪
同じ日に結婚を公表した内村航平選手が男雛ですね。
(内村選手は11月11日11時11分に結婚届を出したそうです☆)

iphone5が発売されて、工房のスタッフも一気にアイフォン5ユーザーだらけになったのですが〜
なんと「携帯端末人気沸騰雛」もありますね!
ガラパゴスケータイからスマートフォンへと移行する人が多かった一年でしたものね。

最近世界的に埋没しそうな日本の中で、明るい話題と言えばやっぱりこの「ノーベル医学賞受賞雛」ですね!
いかにも日本的な感じの京都大の山中伸弥教授。
好感の持てるお人柄もそうですが、受賞後のコメントや今後の活動内容もいかにも日本人的で素敵です。
お雛さまのお顔やしぐさにも、その感じが丁寧に表されています。


真多呂作変わり雛2


朝日新聞には金林健史社長のコメントも掲載されています。
「子育てのしやすい明るい社会になれば」というコメントに、私たち人形屋全員の願いが込められていると思います。
子育ては人間である私たちにとってとても重要な事ですものね。
その重要な事に関わって、そのお手伝いの一翼を担っている人形屋にも相応の責任と役割があると思います。

産まれてきてくれた新しい命がすくすくと育ってくれるよう願いを込めた節句行事を通して、これからもみなさまのお役にたてるよう、スタッフ一同頑張っていきたいと思います。

ホッと一息♪スタッフのひとりごと | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック