雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Suzy's Zoo世界中で愛される
『ブーフ』のふわふわぬいぐるみが登場!!
| main | 2013年度版-新作雛人形カタログ発送します☆ >>

ひな人形の由来はおまじない?《マンガ豆知識 雛人形編》

誰かに話したくなっちゃうお雛さまに関するさまざまな豆知識を
主人公の“ヒナちゃん”と
ヒナちゃん家のお雛様の“姫”が
マンガでご紹介しちゃいます

【ひな人形の由来はおまじない?】



【ひな人形の由来はおまじない?】

昔からあたり前のように慣れ親しんでいるひな祭りや雛人形。
今回は雛人形の由来をご紹介します。

古くから伝わる書物のなかにも登場する雛人形。
最初は今のように飾って楽しむものではありませんでした。

雛人形の基となったされるものが出てくる平安時代は、
医療も薬も十分なものが無い時代でした。
現代では考えられないぐらい出産の際の死亡率が高かったので、
身を守るおまじないの一つとして、
枕元に身代わりの人形を置く風習がありました。

人形(ひとがた)とは身代わりという意味で、
この風習は、自分の災厄を引き受けてくれた人形を流す「流し雛」へと発展し、
おひなさまの先祖になったといわれています。

同じ頃、宮中では「紙の着せ替え人形」で遊ぶ
「ひいな遊び」が行われていました。
雛人形のひな(ひいな)とは、小さくてかわいいものという意味なんです。
今で言うままごと遊びの中から、
躾や生活や文化などを継承していったようですね。

室町時代になると、上巳の節句が3月3日に定着。
紙の雛から、豪華なお雛様を飾るようになり、
宮中で盛大にお祝いをするようになったのです。

それが宮中から、武家社会・裕福な家庭や名主の家庭へと広がっていき、
今のひな祭りの原型が完成しました。
豪華な段飾りが飾られるようになったのは、江戸中期のこと。
昭和に入ってから今のような雛人形の形になり、
地域差なども生まれながら発展してきたのです。



雛人形やひな祭りの豆知識をマンガで楽しくご紹介♪

面白くってためになる!!

誰かに話したくなっちゃうお雛さまに関するさまざまな豆知識を
主人公の“ヒナちゃん”と
ヒナちゃん家のお雛様の“姫”が
マンガでご紹介しちゃいます

最新版はメルマガ【秀光人形工房だより】で♪

≪マンガ豆知識≫最新号は、
メルマガで無料配信中〜☆

●メールマガジン【秀光人形工房だより】とは・・・
人形製造卸問屋(ひな人形五月人形鯉のぼり、日本人形など)の
秀光人形工房のスタッフが作成・配信するメールマガジンです。
当店のHP更新情報・商品情報の他、雛人形五月人形鯉のぼりの賢い選び方・飾り方・楽しみ方などを
ご紹介致します!また、ご購読の方には割引クーポンやプレゼントなどの特典情報もあります!!

●購読料
もちろんすべて無料です。
メールマガジンは、[まぐまぐ]のシステムを利用して発行しています。
登録いただいたメールアドレスなどの個人情報は、秀光人形工房にはわからないようになっています。
登録や購読はすべて無料で、[まぐまぐ]のシステムが全ての情報を厳重に安全管理しています。

バックナンバーはこちらでも御覧頂けます。
お気軽に下の登録フォームからご登録下さいね♪

秀光人形工房だより (マガジンID:0000101318)

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by   スーパーおすすめメールマガジン

発行 : 秀光人形工房
shukoh@hinakoubou.com


 

マンガ豆知識 雛人形編 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック