雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< もうすぐ楽しいひな祭り♪
楽しいお写真募集中です(*^▽^*)ノ
| main | きょうは楽しいひな祭り♪ >>

お雛さまのしまい方 《マンガ豆知識 雛人形編 》

誰かに話したくなっちゃうお雛さまに関するさまざまな豆知識を
主人公の“ヒナちゃん”と
ヒナちゃん家のお雛様の“姫”が
マンガでご紹介しちゃいます




おひなさまのしまい方



お雛さまをしまう時期ってみなさんどうされていますか?
「早くしまわなければお嫁に行くのが遅れちゃう!」
なんてよく言われていますよね。

一般的には3月3日にしまうとされていますが、
天気が良く、空気が乾燥した日におしまい頂くのが理想的なんです。
空気中の湿気が多いとカビの原因になり、
おひな様を傷めてしまったり、汚れてしまう場合があるのです。


ではどのようにしたら一番良いのでしょう?
雛祭りが終わりましたら、
速やかにお雛さまを後ろ向きに飾ってあげれば良いのです!
これでお雛さまは『眠っている』『お帰りになった』事になりますので、
後はお天気の具合を見ながら早めにしまってあげて下さいね。

おしまいになる際には毛羽たき等でよく埃をはらい、
汚れをよく落としてあげて下さい。
お顔の保護の為にお顔に柔らかい紙などを巻きつけ、
他と当たらない様に収納してあげて下さいね。

お人形をしまう時に使うパッキンには『新聞紙』を使っても良いですよ。
なるべくお人形と直接当たらないように、白紙で包むなどしてから入れて下さい。
また、この新聞紙は毎年取り替えて下さいね。
1年経つとかなり湿気を吸い込んでくれているはずですので、
毎年取り替えることによって箱の中の湿気を下げてくれる効果が期待出来ます。

忘れてはならないのが『防虫剤』等の入れ過ぎ禁止です。
大体の目安ですが「みかん箱くらいの容積で十円玉くらいの大きさ」が限度でしょう。
もちろんこれより少なくても良いくらいです。
出来ればお人形専用とうたっている物が良いのですが、
それでもやっぱり入れ過ぎには注意して下さいね。

あと、持ち物などの紛失にも注意して下さい。
それぞれの段ごとにビニール袋などに一括して入れておくと良いでしょう。
五人囃子のバチや三人官女の三宝などは無くしやすので特に注意が必要です。

保管場所はなるべく湿気のない所を選んでしまって下さい。
お人形の大敵は湿気を好むカビです。
陽が差す場所や寒暖の差が激しい所も避けた方が良いでしょう。

来年のお雛さまとの再会まで、しばしのお別れです。
また笑顔で会えるようにしまってあげて下さいね!



雛人形やひな祭りの豆知識をマンガで楽しくご紹介♪

面白くってためになる!!

誰かに話したくなっちゃうお雛さまに関するさまざまな豆知識を
主人公の“ヒナちゃん”と
ヒナちゃん家のお雛様の“姫”が
マンガでご紹介しちゃいます

最新版はメルマガ【秀光人形工房だより】で♪

≪マンガ豆知識≫最新号は、
メルマガで無料配信中〜☆

●メールマガジン【秀光人形工房だより】とは・・・
人形製造卸問屋(ひな人形五月人形鯉のぼり、日本人形など)の
秀光人形工房のスタッフが作成・配信するメールマガジンです。
当店のHP更新情報・商品情報の他、雛人形五月人形
鯉のぼりの賢い選び方・飾り方・楽しみ方などをご紹介致します!
また、ご購読の方には割引クーポンやプレゼントなどの特典情報もあります!!


●購読料
もちろんすべて無料です。
メールマガジンは、[まぐまぐ]のシステムを利用して発行しています。
登録いただいたメールアドレスなどの個人情報は、
秀光人形工房にはわからないようになっています。
登録や購読はすべて無料で、
[まぐまぐ]のシステムが全ての情報を厳重に安全管理しています。

バックナンバーはこちらでも御覧頂けます。
お気軽に下の登録フォームからご登録下さいね♪

秀光人形工房だより (マガジンID:0000101318)

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by   スーパーおすすめメールマガジン

発行 : 秀光人形工房
shukoh@hinakoubou.com


 


マンガ豆知識 雛人形編 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/468
この記事に対するトラックバック