雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クーポンをGETして お雛様を探しに行こう!! | main | いくつになっても >>

十二単ってホントにたくさん着ていたの?
《マンガ豆知識 雛人形編 》

誰かに話したくなっちゃうお雛さまに関するさまざまな豆知識を
主人公の“ヒナちゃん”と
ヒナちゃん家のお雛様の“姫”が
マンガでご紹介しちゃいます


十二単ってホントにたくさん着ていたの?

≪十二単ってホントにたくさん着ていたの?≫
【十二単の意味と語源】

十二単(じゅうにひとえ)は平安時代から伝わる女性の正装用の
装束衣装で、同じ形の服を何枚も重ねて着用し、
加えて袴(はかま)や裳(も)唐衣(からぎぬ)なども着付けられます。

着ている枚数が12枚という訳ではなく、
単(ひとえ)と呼ばれる袿(うちき)を重ね着することからそう呼ばれるようになりました。

単の襲(かさね、袖口や襟元に見える部分)をずらせて見せるように着付け、
時と場合によってその枚数を変えていました。

12枚着ているから十二単という事ではなく、
12という数字は単純に「たくさん」という意味合いで残ったのだと思われます。

奈良時代から始まり平安時代に完成された十二単は、
宮中などでの晴れの場の正装として着用され、
現代でも宮中儀式の際には五衣唐衣裳(いつつぎぬからいしょう)を
まとった十二単で行われます。

この五衣唐衣裳は袿を五枚と定め、重さで動けなくならないように、
かつ有職古式美に合わせた上品な着こなしが出来ると採用された
正装衣裳の基本となりました。

袿の上下に重ねることを襲(かさね)と呼び、
袖口・裾などに衣が順に少しずつ覗き、
二単の着こなしのオシャレの度合いを表す重要な部分となっています。

元々は袿の枚数に定めが無かったが、室町時代に五枚と定められ、
それ以後「五衣(いつつぎぬ)」と呼ばれ
定着されるようになっていきました。

現代のお雛様もこの五衣唐衣裳の5枚の袿(単)を基準に
作られています。
小さなお雛様でも着ぶくれしたりバランスを崩さないよう
計算された柄と色合いの反物を使い、
慎重に採寸して正装十二単を造り上げているのです。

宮中行事での十二単の構成順は、
唐衣(からぎぬ)・表着(うはぎ) ・打衣(うちぎぬ)・
五衣(いつつぎぬ)・単衣(ひとえ)・長袴(ながばかま)・(も)
となります。

襲の色目の取り合わせは、
季節や行事ごとに細かく取り決めがされていましたが、
これらの季節感などを無視した取り合わせを用いることは
マナー違反やセンスが無いと見なされ、
恥ずかしい事とされていました。

細かい取り決めの中で
いかに自分らしさやオシャレ度を発揮出来るかが
当時の女性のファッションセンスを表すところだったのです。

雛人形も同じように、
唐衣の柄や襲のグラディーションの色合いや裳の風合い等々、
個性を主張しつつ魅力をアピールするポイントとなっています。


唐衣(からぎぬ)

男性の束帯に相当する女性の第一正装。

唐衣はその一番上に着る衣なので、
十二単の装束の中で一番美しく構成され、
唐服を模したところから唐衣と言われる。


上半身を羽織るだけの短い衣で、
背身頃は前身頃の約三分の二の長さ、袖丈より短い。

桁も下の「襲(かさね)」を見せるため短く出来ている。

最初は袖口に置口といって飾りの別裂がついていた。

襟は裏を返して着る。

地位により地質・色目・文様に区別があるが、
普通には地文の上にさらに別の色糸で上文を織り出した二重織物が用いられ、
裏地には板引きの綾絹などを用いる。

五衣(いつつぎぬ)

袿を五枚重ねて着るので五衣とよばれるが、
形や大きさは表着と変わらない。地質は綾、唐綾、絹などを用いる。

袷仕立てで、袖口、襟、裾が細めに見えるように中に挿んで着る。

文様は地文のみで、五枚の色の重ね方や配合に美意識を働かせており、
これを「襲色目(かさねのいろめ)」という。

古くは十数枚重ねたこともあったが、五枚が正規となった。

裳(も)

裳は奈良時代には腰に巻いたものだったが、
平安時代になって衣服を数多く重ね着するようになり、
腰に巻くことができなくなったため、腰に当てて結び、
後ろに垂れて引くものになった。

裳の形は八幅か十幅の布地を使って縫ったもので、
腰に当てる固い部分を「大腰(おおごし)」といい、
その左右から分かれて左右脇より下へ引くものを「引腰(ひきごし)」。

また大腰の左右から出ている紐を「小腰(こごし)」という。

「小腰」は、唐衣の表裂の共裂(ともぎれ)を用いる。

 



雛人形やひな祭りの豆知識をマンガで楽しくご紹介♪

面白くってためになる!!

誰かに話したくなっちゃうお雛さまに関するさまざまな豆知識を
主人公の“ヒナちゃん”と
ヒナちゃん家のお雛様の“姫”が
マンガでご紹介しちゃいます

最新版はメルマガ【秀光人形工房だより】で♪

≪マンガ豆知識≫最新号は、
メルマガで無料配信中〜☆

●メールマガジン【秀光人形工房だより】とは・・・
人形製造卸問屋(ひな人形五月人形鯉のぼり、日本人形など)の
秀光人形工房のスタッフが作成・配信するメールマガジンです。
当店のHP更新情報・商品情報の他、雛人形五月人形
鯉のぼりの賢い選び方・飾り方・楽しみ方などをご紹介致します!
ご購読の方には割引クーポンやプレゼントなどの特典情報もあります!!


●購読料
もちろんすべて無料です。
メールマガジンは、[まぐまぐ]のシステムを利用して発行しています。
登録いただいたメールアドレスなどの個人情報は、
秀光人形工房にはわからないようになっています。
登録や購読はすべて無料で、
[まぐまぐ]のシステムが全ての情報を厳重に安全管理しています。

バックナンバーはこちらでも御覧頂けます。
お気軽に下の登録フォームからご登録下さいね♪

秀光人形工房だより (マガジンID:0000101318)

メールマガジン登録

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by   スーパーおすすめメールマガジン

発行 : 秀光人形工房
shukoh@hinakoubou.com


 


マンガ豆知識 雛人形編 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック