雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 夏の工房も大忙し!パート1☆
雛人形製作の様子をお見せします
| main | 敬老の日にメッセージのプレゼント!! >>

夏の工房も大忙し!パート2☆雛人形製作の様子をお見せします!

こんにちは!
秀光人形工房のナガヤマです

先日に引き続き…

人形製作の様子をお見します!パート2!

パート1はコチラからどうぞ

さて、今回お見せする作業は、
お人形の出来を左右するとも言われる
「腕折り(かいなおり)」と、「仕上げ」です

腕折りというのは、
お人形の最終的な形を整える工程です。
失敗が許されない、熟練の技を必要とする作業なんですよ

早速見てみましょう


針金が通っている真っ直ぐな腕に


まずはを付けます



ちょっと画像が粗いですが、職人の手元に置いてある、これが手です!


お人形の右手にご注目
すら〜っと指が長くて美しい

そして、いよいよ

メインイベント腕折り

職人さんのまなざし…



真剣な中にもお人形への愛を感じる表情です


千枚通し1つで…腕を折ります。


本当に微妙なさじ加減…。


位置が決まったら…


グググッ!!と一気に折ります!
これが、ほぼ一発勝負!



お見事!きれいな形に仕上がりましたね
袂の膨らみも美しい!


さて、引き続き、最後の仕上げ作業を見てみましょー♪

腕折りを終えたたくさんの姫たち…。


これから、お人形の命でもある「頭(かしら)」を差しこみます。

すでに仕上がった殿たちが、姫たちの完成を待ち望んでいますね



こちらが、差し込む前の頭。
汚れたり、傷ついたりしないように
顔の周りは柔らかい紙で保護されています

まずは軸の部分をカットして、長さを合わせます



そ〜っと頭を胴の部分に差し込んで…


じゃ〜〜ん!
美人さんが仕上がりました〜


後ろで待っている姫たち、なんだか、みんな「早く仕上げて〜」
うずうずしているようにも見えます(笑)


殿の頭も差し込んで〜

最後に、小物をセットします。


こちらが殿の小物。


姫には扇を持たせます

一方の殿にはまず、をかぶせます。


殿の持ち物の(しゃく)は右の握った方の手に差し込みます。
太刀(たち)は左の腰の袖の下に挟みこむようにし、
後ろの方がピンとするように持たせます。


 
とぉ〜っても細かい作業を
職人さんはサササ〜っとこなしていきます
仕上げはあっという間に終了

早速殿と姫を並べてみましょ

うぅ〜ん。美しい〜!
殿と姫が並ぶと、華やかさUPですね


ちなみに、このような衣裳着人形の場合、
頭は接着剤で付けたりはせず、
差しこむだけなので、

実は簡単に取り外せるのです!

ご購入後に頭が抜けてもびっくりしないでくださいね!


そういうナガヤマも初めて見た時は
「?!え?!そんな簡単に外れるの!?」
ちょっとびっくりしましたが…

ナガヤマ家の雛人形木目込みだったので
工房に勤めてから初めて見たんですよね(^^;

.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪:・’.:♪*:・’゚♭.:*・♪’゚。.*#:・’゚.:*♪

いかがでしたか?
普段なかなか見ることが出来ない、
人形製作の過程を2回に渡ってお見せしました

夏の間、工房ではこのように毎日たくさんのお人形達に
が吹き込まれていきます

秀光人形工房のブログやメルマガでは、
引き続き、工房の紹介をしていきますので、
チェックして下さいね☆


  人形製作の様子をお見せしますパート1
   [ 生地選定から裁断・縫製〜着付けまで ]
 
  人形製作の様子をお見せしますパート2
   [ 腕折りから完成まで ]
 

  秀光人形工房ブログ

  秀光人形工房メルマガ登録

お節句人形製作日誌 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/571
この記事に対するトラックバック