雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 地元感謝イベント!秀光マルシェ開催しました♪ | main | 秀光人形工房 製作日誌〜雛人形編〜クリスマスなのに… >>

子供も喜んじゃう?おせちとお雑煮のお話♪

JUGEMテーマ:大晦日/お正月
 こんにちは!
秀光人形工房のウチノです

ちょっと早い気もしますがお正月がやってきますね〜
新年をお迎えする準備を、そろそろ気にする頃になってまいりました…か
ハイ、なってまいりましたよ…ね

さてさて、その『準備に欠かせない物』
そう!お正月のお料理と言えばおせちお雑煮ですね。地方によって随分様変わりするようです
おせちとお雑煮の由来や地方の違いについて調べてみましたよぉ〜

まずは[おせち]からいってみましょう!

おせち料理は、「節句」(元旦と五節句)に神様にお供えする
節供(せちく)料理」に由来します。
そこから、おせち(お節)料理となったとされています。

「節句」の日に、神様に食べ物をお供えした後、
それをいただくことで、力を授かることができるといわれていました。
お正月のおせち料理には、私たちの先祖たちが、新しい年を祝い、
一年の幸せを願った思いが沢山込められているのですね(^−^)


ではここで、大まかに関東と関西でお料理の違いを見てみましょう

祝い肴
関東…ごまめ(田作り)、数の子、黒豆の3品が定番
味付けは濃い口しょうゆと砂糖

関西…たたきごぼう、数の子、黒豆の3品が定番
味付けは薄口しょうゆとだし汁

うどんなどと同じような違いがありますね!

ちなみに黒豆も…
関東はシワが寄るまで煮て、
関西はふっくらとさせて煮るという違いがあります♪


お正月の魚といえば…

関東…新巻鮭 関西…ブリ
関西で定番の睨み鯛(鯛の塩焼きを元旦(三が日)に食べずに飾る)は
関東では滅多に見られませんね。

ウチノは関東の出身なので、『睨み鯛』というのは珍しく感じましたが、
当工房スタッフのTさんは西の方の出身で、
おせちの定番だったと言っていました


次は[お雑煮]です!

お雑煮の語源は「煮雑(にまぜ)」で、色々な具材を煮合わせたことからきています。
お餅は昔から日本人にとって、お祝い事や特別の日に食べる物でした。
新年を迎えるにあたり、餅をついて他の産物とともに歳神様にお供えをし、
元日にそれをお下がりとして頂くのがお雑煮です。
食べる際には旧年の収穫や無事を感謝し、新年の豊作や家内安全を祈ります。


味付けの違い
関東から北の地方…大まかではありますが、
「焼いた角餅で醤油ベースのすまし汁」の所が多く、
西の地方…「焼いていない丸餅で白味噌」の所が多いようです。


お餅の形
関東…江戸時代、江戸には人口が集中したこともあり、一つずつ手で丸める丸餅より、
早く数多く作れる角餅が関東で広まったと考えられています。
関西…昔から「円満」の意味を持つ縁起ものの丸餅が使われていました。

関ヶ原の合戦の影響で、岐阜県関ヶ原を境に西日本が
丸餅・東日本が角餅に分れたという説もあります。


おせちやお雑煮の地域によっての違いも色々ですね!
各ご家庭で代々受け継がれるお正月料理の味を大切にしつつ、
「少々飽きてきたなぁ」という時もありますよね。

そんな時は…いつものおせち料理に
ひと工夫してみてはいかがでしょうか?
「ちょっとおせち苦手…」な方や、
お子さまにも美味しく食べて頂けるような
簡単レシピをご紹介いたしま〜す♪


甘くておいしい! ナッツの田作り

たづくり.jpg

<材料>
いりこ 100g
サラダ油 大さじ1   
お好きなナッツ 30g
白ごま 適量

<調味料>  
砂糖 大さじ2  
水あめ (又はハチミツ) 大さじ1
しょう油 大さじ1.5

<作り方>
1 お好みのナッツ類をビニール袋に入れて、めん棒で砕く。
2 フライパンにサラダ油を入れ、いりこを炒めて取り出す。
3 調味料を入れて温め、炒ったいりこ、砕いたナッツ、
白ごまを入れて合わせからめて完成♪
つまみ食いしたら止まらない〜



黒豆とクリームチーズのディップ★

黒豆.jpg

<材料>
黒豆(キッチンペーパーで水分をとっておく)30g
クリームチーズ(柔らかくしておく) 50g
ハチミツ 大さじ1
お好きなクラッカー 適量

<作り方>
1 黒豆を好みの大きさに刻む
2 クリームチーズとハチミツを混ぜて完成
3 クラッカーにのせて完成♪
トーストしたパンでもイイですね♪



まろやか〜♪ ハチミツなます

なます - コピー.jpg

<材料>
大根 1/3本
金時人参 1/2本

<調味料>
お酢 大さじ3
砂糖(上白糖) 大さじ1
みりん 大さじ1
ハチミツ 大さじ1
昆布(顆粒のダシでも可) 3cm角2枚(水拭きしておく)

<作り方>
1 大根と人参を千切りにする。切ったらすぐに水にさらす。
2 調味料を合わせて良く溶いて、1に合わせ味が馴染んだら完成♪
優しい甘酸っぱさで食べやすいですよ!



簡単・豪華・じゅわっとおいしぃ〜!! エビのグリル焼き

おうごんやき2.jpg

<材料>
エビ 8〜10尾
  
<調味料>
しょう油 少々 
みりん 少々 
卵黄 1

<作り方>
1 エビの尾だけを残して殻をむき、腹の方に4〜5ヶ所切り込みを入れ、
ねじるようにして筋を切る。
2 背中側を開いて背わたを取る。
3 卵黄、しょう油、みりんは合わせて混ぜておく。
4 魚焼グリルを予熱し、温まったらアルミホイルを敷く。
5 グリルにエビを入れて7〜8分素焼きにする。
6 合わせた調味料をハケで塗り更に焼いたら完成♪
エビはおせちに欠かせない一品♪ これなら準備もラクラク〜



いかがですか?
どれも簡単にできちゃうので、いつものお正月料理とご一緒に
何品か添えてみてはいかがでしょうか(^−^)
気に入って頂けましたら、いつものお料理とご一緒にいくつか並べて
新年を美味しく楽しく迎えましょう


お正月飾りバナー.jpg bnr_hina.jpg bnr_may.jpg bnr_koi.jpg bnr_toy.jpg photo_ti_may.jpg 165700886.png

お正月豆知識 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/650
この記事に対するトラックバック