雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< いよいよお雛さまの季節がやって来ました〜\(^o^)/ | main | お節句のお祝いの様子をご紹介♪〜桃の節句編 第1回
北海道 山田様からのお便り >>

知って納得☆豆知識★お雛様の飾り方♪

 こんにちは!
秀光人形工房のウチノです

これからが寒さ本番、お日様のお出ましが有り難い季節です
さて一月も半分以上を過ごすと、あと一カ月少しでもうお雛祭りですね
今回はその【お雛さまの飾り方】の特集です
地域によっては風習の違いで飾り方も変わってくるようですね
ご家庭の物と色々比べてみると面白いかもしれませんよ


同じように見えてけっこう違いが有る雛人形の飾り方

28666 - コピー.jpg

大きく分けて[関東]と[関西]では飾り方や飾る時期に微妙な違いがあります

今回は、地域差によるお雛様の飾り方の違いについてご説明しますね

 ●関東地方

2月4日」頃からひな人形を飾る方が多いようです
関西と比べると早めにお人形を出して、
3月3日」までの間ゆっくりと楽しむのが関東風です
ただし、初節句の場合は早ければ早いほど良いとされています

 ●関西地方

2月中旬」頃からお人形を飾りだして、
4月3日頃」まで楽しむことが多いとされています
旧暦で飾る地方もまだ多いのですが、
初節句は新暦でお祝いする地方が増えてきているようです


飾り付けし始める日が佳い日であると縁起が良いことから、
大安または友引の晴れた日」にお人形を出すと良いですね

どちらも飾る期間は同じようですが、
新暦中心の関東のお雛さまはまだ冷える桜の咲く前に、
旧暦の関西のお雛さまは桜が散りゆく中で、
また来年ね(^.^)/~~~」とお休みになるんですね


さくら.jpg


◆次に【お人形の置き場所】の違いについてです

関西が[女-男] ●関東が[男-女]

江戸時代までの雛人形は宮廷儀礼に沿って、全国的に左側(向かって右側)
が男雛、右側(向かって左側)が女雛を飾ることになっていました

アジアは本来左側(向かって右側)優位の文化です
したがって、太陽が昇る東側、すなわち左側が優位とされ、
向かって右側の方が上座とされたのです



親王右.jpg



それに対して、西洋右側優位の文化をもちます

明治時代に入って、欧米文化が国際儀礼として標準化され、
大正天皇が即位の礼で、洋装の天皇陛下が西洋のスタイルで皇后陛下の右に
立たれた事から、この風習が広まったとされています


その後、皇室行事の際は向かって右側に皇后陛下が並ばれるようになったので、
その影響がお内裏さまの並びにも及んで、
今では[男-女]の並びが一般的となっているのです

即位の礼 - コピー.jpg

厳かな感じが漂うお内裏様とお雛様そのものですね



親王左.jpg

現在はこの並びが主流になりますが…


ところが、京都や京都に近い関西圏などでは、宮廷儀礼を重んじ、この流
れに乗らなかったようで、その為、関西地方や古くからの風習を重んじる
地方では[女-男]という並びのままになっていることが多いのです

右だから、左だから間違ってる〜ということではないのですね

ちなみに、随身(ずいしん)の左大臣右大臣はどの地域でも宮廷儀礼に沿
って飾り付けますので、老人の左大臣は左上座である左側に置きます

右大臣左大臣.jpg

立派なお髭でございますね」「…エッヘン

なるほど〜みなさまのお宅の飾り方はどちらになりますか?
日本古来の物と思っていても、欧米文化が入って来ていたとは、意外な気
がしますね(*^_^*)


その他、雛道具の数や内容の違いなど、まだまだ様々な違いが残されています
五人囃子が五楽人だったり、十人も居たり…
東海地方ではいまだに三十品目の雛道具というたくさんのお道具セットもあるのです
みなさんの地方でもまだまだちょっと違った雛人形のお飾りや飾り方が有るのかも知れませんよ


sakura親王.jpg


陽が昇る事に関係して優位が決まったり、文化の違いで飾り方が色々変
わって来てるのが面白いですよね!
お人形達も一年ぶりに出ると「あれ?こちらに座ってよかったかしら?
と思ったりするかも…(^◇^)


お雛さままだ用意してないよ〜(@_@)という方は、秀光人形工房の品揃え
豊富な雛人形飾りをご覧になってみてはいかがでしょうか
お子さまご家族さまのお気に入りを探して、楽しいお雛祭りを迎えましょうね

bnr_hina.jpg bnr_may.jpg bnr_koi.jpg bnr_toy.jpg photo_ti_may.jpg 165700886.png

お雛様の飾り方のコツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/660
この記事に対するトラックバック