雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 話題に事欠かない息子の日常と 
『叱ってくれたらありがとう♪』
| main | 今年の夏もお雛様をつくってま〜〜す! >>

もう一回!お願いごとのチャンス!七夕豆知識第2弾!

こんにちは!
秀光人形工房です♪


早くも7月半ばでございます!
みなさまお元気でお過ごしでしょうか♪

前回のブログでは七夕飾りについて触れましたが、
旧暦で七夕祭りをする地域もあると言う事で…
七夕豆知識第2弾!き

今回は七夕の由来や、各地の七夕祭りについてのお話です。

[7月7日]とカレンダーにも記してある七夕きらきらですが
[8月]に[七夕祭り]をする所もあるんですよね〜♪びっくり

おぉ?!ならば今月お願いし忘れた分が、
これからまた出来るってことですか〜
\(◎o◎)/ !!

001.JPG
「地上の天の川っぽいのをみつけました…(*^_^*)」


七夕とは?

七夕(たなばた、しちせき)は古くからの日本のお祭り行事で、
一年間の重要な節句を表す五節句
人日(1月7日)上巳(3月3日)端午(5月5日)

七夕(7月7日)重陽(9月9日)  のひとつです。

別名「笹の節供」「星祭り」と言われ、
江戸時代に五節供の一つに定められました。


七夕の起源

☆日本の神事であった「棚機(たなばた)」
☆織姫と彦星の伝説
☆奈良時代に中国から伝来した行事「乞巧奠(きこうでん)」
諸説は色々ですがこれらが合わさったものと言われています。

★「乞巧奠」とは織女星にあやかり、
はた織りや裁縫が上達するよう

7月7日に庭先の祭壇に針などを供えて星にお祈りをする

という、中国の行事です。

やがて芸事や書道等の上達も願うようになったそうですよ☆彡


五色の短冊の意味

たなばたさまの歌の歌詞にも出てくる♪五色の短冊〜♪えがお

五色(ごしき)というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ
青・赤・黄・白・黒」です。

古代中国の「木、火、土、金、水」の五つの要素が

この世のものすべての根源であるという説で、

木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」を表しています。

 

オリンピックみたいですね!五輪

★ちなみに…中国では短冊ではなく[五色の糸]を吊るします。
短冊に願い事を書いて吊るすのは日本だけのようですよ♪


旧暦による七夕

昔から行われていた七夕は[伝統的七夕]とも呼ばれ、
月の動きを基準にして旧暦に基づいていました。
日付は現在の暦より1ヶ月程度遅れます。

月の満ち欠けで月日が決まるので、
現在の暦に当てはめた旧暦の七夕の日付は毎年変わります。

★[お星さまのお祭り]は[お月さま]によって決まるんですね♪


004.JPG
「可愛いお星様みたいです♪」


8月の七夕祭り

8月の七夕祭り、全国的に有名なものをご紹介します♪

宮城県仙台市の「仙台七夕まつり」
… とても大きな美しい「くす玉」が有名です♪

仙台七夕.jpg


愛知県安城(あんじょう)市の「安城七夕祭り」
…全国郷土祭でこだわりの竹飾りが披露される、
日本三大七夕祭り」の一つです。

安城七夕.jpg


島根県大東町の「大東七夕祭り」
…子供たちが願い事を書いた短冊を笹竹につるし、

提灯を手に家々を訪れて七夕のお守り札配り をします ☆彡

大東七夕.jpg


長野県松本市の「七夕人形祭り」
…8月6日に厄をたくした織姫と彦星人形

家々の風通しの良い軒下に吊るし、

風で厄を吹きはらって厄ばらい

七夕人形.jpg


もう一つ…。
北海道では「ローソクもらい」という行事が行われます。
7月7日又は8月7日の夕暮れ時、

提灯を手に子供たちが『ローソクだせよー』と
歌いながら、近所を回って蝋燭お菓子をもらうそうです!

 

最近では、子供達もローソクをもらってもあまり使い道もない

との事で、お菓子やお小遣いを渡すことも多いようです。

なんだかハロウィンみたいですね(*^_^*)


[8月の七夕祭り]みなさまご存知の所はありましたか?
夏休みの星空を見上げるのもイイですね

8月に行われる七夕のお願い事がみーんな叶いますように

 

 


bnr_hina.jpg bnr_may.jpg bnr_koi.jpg bnr_toy.jpg photo_ti_may.jpg 165700886.png

 

 

 

 

 

季節の行事の豆知識 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/691
この記事に対するトラックバック