雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 『今年のおせちは華やかだね!!』 | main | 食べ盛り・育ち盛りのお子様に!!お勧めのお雑煮☆ >>

身近なもので冠を作ってお姫様になりきっちゃお!!

こんにちは!

秀光人形工房 立川店 タキです。

 

今回は、 ひな祭りの由来 と 可愛い冠の作り方 をご紹介

【ひな祭り】は、おひな様を飾る事から始まります

ひな人形を見たり触れたりする時の感覚はちょっと特別で
大人になってもワクワクするのは
この時の記憶とリンクしているのかもしれないですね♪

もともとは、平安時代の[ひいな遊び]というお人形遊びが
はじまりだとされています。

江戸時代になると、女の子にふりかかる災難の身代わりになって
もらうお守りとしてひな人形を飾るようになりました。

また、中国では3月の『上巳(じょうし)の節句』と呼ばれる日に
水辺で身のけがれを清める風習があり、それが日本に伝わり、
紙で作った人形で体をなでてけがれを人形に移し、川に流すことで
身を清める[流しびな]の行事となりました


鳥取県や和歌山県の一部では、今でも流しびなが行われて
いるそうです。川に流すって幻想的なイメージですよね…。

この2つが合わさったものが、3月にひな人形を飾りお祝いする
という現代の桃の節句のはじまりとされています。

ひな人形をはじめ、桃の花やひなあられ、ひし餅、ちらし寿司など
華やかな彩りを目と舌で楽しめる春らしいお祝いの始まりは
女の子たちのお人形遊びだった…という歴史から推測すると

今も昔も女の子は

可愛らしいものと美味しいものが大好き(´▽`*)

ということに間違いない!!!(笑)


もちろん私も大好きです!(笑)

お祝いのお寿司も、てまり寿司やお寿司のケーキなど
調べてみると色々なお寿司が出てきます(*^_^*)
どれもとっても華やかで美味しそうです。

同じようにひな人形も、優雅なものから可愛らしいもの・
大きなもの・コンパクトなもの…
探すと本当に色々な種類のものがあります。

じっくり探してみると、きっとキュンとくるような
運命を感じるお人形に出会えるはず(*'▽')

女の子のお守りとして末永くお飾りいただけるような
素敵なひな人形を、秀光人形工房では多数ご用意しております。
ぜひ、チェックしてみてください♪


また、なりきりごっこが大好きな子供たち。
冠があれば、気分はすっかりおひな様(#^^#)

 

おうちでお姫様気分を味わえる冠の作り方
ご紹介したいと思います♪

材料 折り紙 4〜5枚
(今回は10.5cm×10.5cmの少し小さいサイズ)

1.縦と横に折り目をつけます。

2.折り目に沿って角を三角に折ります。

写真1.jpg

3.開いて 2.の折り目に沿って斜めに 折ります。

写真2.jpg

4.それを 2.の折り目に沿ってもう一度折ります。

写真3.jpg

5.半分に折り、片側の頂点を下に折ります。

写真4.jpg

6.これを何枚か折ります。(今回は4枚)

7.角と角を重ねていき、丸くしたら…完成

冠.jpg

トイレットペーパーの芯に黒い紙を巻き付けてお殿様の烏帽子
作ってみました〜

2人並んだら、こんな感じ(*^_^*)

IMG_1485.jpg

お祝いの席で、こんな小道具があれば盛り上がる事間違いなし!

SNSにアップして、みんなで楽しむのもいいですね♪♪

ぜひ、参考にしてみてください(*'▽')

 

 

bnr_hina.jpg bnr_may.jpg bnr_koi.jpg bnr_toy.jpg photo_ti_may.jpg 165700886.png

 

>

ホッと一息♪スタッフのひとりごと | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://shukoh.jugem.jp/trackback/718
この記事に対するトラックバック