雛人形・五月人形・鯉のぼり・日本人形・羽子板・破魔弓を製造直売しています!

<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ≪新春 お年玉セール≫ 開催!7大特典キャンペーン実施中 | main | 赤ちゃんとおひなさまの写真が撮りたい!
〜小さなサイズの親王飾り編〜 >>

秀光人形工房のお雛様づくり
お雛様がどうやって作られているかご存じですか?

秀光人形工房のお雛様づくり
お雛様がどうやって作られているかご存じですか?

[まずはイメージと生地選び]
秀光人形工房では、全ての工程を職人の手作りで製作しています。
沢山の生地の中からメインの金欄生地を決めたら設計図をつくり、形に合わせて布を裁断します。
金襴保管棚

[はかま、襟(えり)つけ]
藁でつくった芯に赤いはかまを履かせてから、襟を重ね合わせます。
何十年経っても着崩れないように、襟つけは慎重に。
雛人形襟着け

[お雛さま本来の作り方を忠実に]
美しい段々をつくるように裾(すそ)を重ね着させていきます。
襟や裾、袖(そで)などの着物をそれぞれ分けてつくり、着付けながら完成させる工程は古来から伝わったもの。秀光人形工房では、伝統的な工程を守っています。
雛人形重ね着付け

[着付けは職人の腕のみせどころ]
一番上にきる着物を縫い上げ、天然の木綿わたで形を整えながら着付けていきます。
最後にもばかまなどの装飾をつくり、全てのパーツを合体させていきます。
雛人形仕上げ

[お殿さまも同じように、丁寧に]
お殿様も同じように襟を重ね、束帯と呼ばれる着物を着せていきます。
雛人形金田泉匠

[できあがり]
出来上がった着物との相性をみながら頭(かしら)を選び、頭をさします。
こうして、全て手作業で秀光人形工房のひな人形が出来上がります。
雛人形仕上げ白根
詳しくはこちらもご覧ください。
お節句人形製作日誌 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする